日本の年度は4月始まります

NONメンテナンス株式会社

072-646-6447

〒567-0843 大阪府茨木市星見町23-19

定休日 日曜・祝日

日本の年度は4月始まります

2021/04/01 日本の年度は4月始まります

 

今日から4月ですね。 新入学生・新社会人の皆さま、そして新年度を迎えられた皆さまおめでとうございます! 勢いよく、晴れやかに、春の陽射しに向かって素敵な新しいスタートを切れますように。

 

年度とは?

年度とは、「暦年とは別に、事務などの便宜のために区分した1年の期間」のことをいいます。年度は目的に応じて定められた1年間のことをいうんですね。

 

日本では、新しい年は1月から始まるのに、「年度」は4月から始まります。その理由をご存知でしょうか。

 

 

国や地方公共団体の財政運営の秩序を守るために設けられた「会計年度」や、学校における学年の区切りとなる「学校年度」などが良く知られていますね。

 

会計年度とは「国および地方公共団体の歳入・歳出のくぎりとされる期間。日本では、4月1日から翌年3月31日までとする」と決められています。この会計年度が、4月スタートの年度の元になっているんです。

会計年度が初めて制度化されたのは明治2(1869)年でした。なんと、このときは10月始まりだったんだそう。

 

そして、西暦を採用した明治6(1873)年に1月始まりに変更。しかし、明治8(1875)年からは、地租の納期にあわせるため、7月始まりになりました。短期間で開始月を変更しており、会計年度の定着までは試行錯誤があったことが伺われますね。

明治17(1884)年、富国強兵を実現すべく、軍事費が激増してしまったことを受け、当時の大蔵卿であった松方正義が任期中の赤字を削減するために、次年度の予算の一部をその年度の収入に充てる施策を実施しました。

 

そうなると、次年度の予算が一部足りなくなってしまいますよね。予算繰り上げによるやりくりの破綻を防ぐため、明治19年度の会計年度のスタートを7月始まりから4月始まりに法改正し、明治18年度を7月から翌年3月までの9ヶ月に短縮することで、予算の辻褄をあわせると同時に赤字の削減を実現しました。

 

そして明治19(1886)年からは会計年度は4月始まりになり、現在に至っています。

そのほか、明治時代になると税金は、年貢としてお米を納める方法から現金による納付に変わり、お米の収穫からお米を売り、現金化して納税することが必要になりました。納税までの期間と、納税を受けての予算の組み立てを行う期間を考えて、4月スタートになった、という説もあるんですよ。

 

 

TOP