機械メンテナンスの頻度は?

NONメンテナンス株式会社

072-646-6447

〒567-0843 大阪府茨木市星見町23-19

定休日 日曜・祝日

機械メンテナンスの頻度は?

コラム

2022/09/15 機械メンテナンスの頻度は?

機械を安心・安全に使用していくには、日々のメンテナンスが大切です。
しかし、メンテナンスはどの程度の頻度で行うべきなのか、よく知らない方もいらっしゃいます。
そこで今回は、機械メンテナンスの頻度についてご紹介いたします。

機械メンテナンスの内容

工場などで使われている機械には「法定点検」「自主点検」「精密検査」「性能検査」などのメンテナンス内容があります。
メンテナンスの種類によって点検や検査内容も異なりますが、その中でも必ず行うのが「法定点検」です。
何ヶ月・何年に何回と、点検頻度が決められています。
また「自主点検」は頻度が決まっていないため、自分たちで適切な頻度を決めていくものです。

機械メンテナンスの頻度

定期メンテナンス

一定期間の頻度を決めて行うメンテナンスで、期間は1週間~1年など様々です。
本来は社内のメンテナンス担当者が毎日点検を行うのが理想ですが、実際は難しいものですよね。
定期的に短い周期で機械を診ることで、異常が起こる前に対処が可能です。

予防メンテナンス

安全稼働のために、不定期で行うメンテナンスです。
見つかった以上が今すぐに機械の動作に影響を与えないものの、今後支障が出てくると予想される場合に行われます。
定期メンテナンスよりも必要な箇所を絞るため、メンテナンス費用を最低限に抑えることが可能です。

事後メンテナンス

機能不全が起こった後に、修理を行って復旧させるのが事後メンテナンスです。
設備が動かせない状態になってからのメンテナンスなので、頻度に決まりはありません。

まとめ

機械メンテナンスには「法定点検」「自主点検」「精密検査」「性能検査」などの様々な内容があります。
また機械メンテナンスの頻度は「定期・予防・事後」のメンテナンスによって異なりますので、適切な頻度を覚えておきましょう。
弊社では関西から全国で機械のメンテナンスを承っておりますので、お困りの際は気軽にご相談ください。

TOP