機械解体の流れについて

NONメンテナンス株式会社

072-646-6447

〒567-0843 大阪府茨木市星見町23-19

定休日 日曜・祝日

機械解体の流れについて

コラム

2022/09/22 機械解体の流れについて

古くなった機械は大きさにもよりますが、解体を行って処分を行う必要があります。
しかし種類によっては分解が難しい場合がありますので、事前に流れを知っておくことが大切です。
そこで今回は、機械解体の流れについてご紹介いたします。

機械解体の流れ

①問い合わせ
まずは、解体を行ってくれる業者に問い合わせを行います。
機械の解体は機械の解体に関する技術や知識が無ければ難しいため、まずは業者に依頼しましょう。

②現地調査
業者による現地調査を行います。
「作業スペースが十分にあるか」「分解した機器の運搬が問題なくできるのか」など、現地を見て判断できることが多いものです。
工事をスムーズに進めるためにも、事前にしっかり確認を行ってもらいましょう。

③見積もり・契約
解体工事に関する作業内容がまとまれば、見積もりを取得しましょう。
作業する人数・作業日数・使用する重機などによって、金額は異なります。
また金額に納得ができれば、契約を結んで日程を決めましょう。

④着工
日程に合わせて解体工事を行いますが、1日では終わらない場合もあります。
また解体作業では、重機を使用したり手作業で行う場合もあるでしょう。
解体が終わって機械の撤去・片付けが終われば、すべての作業は完了です。

機械解体をプロに依頼する理由

設備や機械の解体は、建物を傷めず安全に解体を行うことが重要です。
また大型の機械であれば、有資格者によるガス切断などが必要な場合があります。
技術や知識の豊富なプロに依頼することで、安心して解体作業を任せることができますよ。

まとめ

機械解体は「問い合わせ→現地調査→見積もり→契約→着工」の順番で行います。
建物を傷めず安全に解体を行うには技術や知識が必要なため、プロに任せると安心です。
弊社では、機械のメンテナンスや機械の解体まで幅広く承っております。
機械に関する経験・知識の豊富なスタッフが迅速かつ安全にご対応しますので、ぜひご依頼ください。

TOP